トゥールーズ(フランス)とアルビの観光-フランス国内旅行の新しい流行スポット

フランスのトゥールーズとアルビの観光スポットをご紹介します。多くの人が未だパリに魅了されている中で、フランス人の国内旅行の目的地は喧騒のパリではなく、ミディピレネー地方に移ってきています。その中でもおしゃれスポットが多いトゥールーズ、そしてそこから一足伸ばしたアルビの観光地について紹介します。

◆トゥールーズのショッピング街はパリを超える!?

煉瓦造りの建物が並ぶトゥールーズは、その街並みの美しさやショッピング街のセンスの良さもさることながら航空産業の中心地としても有名です。特にショッピング街の洗練された品そろえは、モードが衰退気味なパリを超えるレベルになってきており、旧市街を散策すると数々の魅力的なファッション小物を発見することができます。

歴史的建造物や美術館などの主要観光地は次のようなものです。

◆キャピトル(市庁舎)

トゥールーズの市庁舎はバラ色のレンガと白い石を組み合わせた壮大な建築物で、内部はトゥールーズの歴史を描いた壁画や天井画で埋め尽くされています。

トゥールーズ

◆ジャコバン修道院

1215年に設立されたドミニコ修道士が作ったジャコバン修道院はトゥールーズの観光の中心地として有名です。毎年9月にはジャコバン・ピアノ・フェスティバルが開催され、クラシック音楽が演奏されます。

◆レザバトワール近現代美術館

レザバトワール近現代美術館はトゥールーズの中心を流れるガロンヌ川の西岸にあり、1950年代以降の作品を2000点以上所蔵しています。また地下展示室にはピカソによる巨大な舞台幕があります。

◆宇宙に関するテーマパーク「シテ・ド・レスパス」

宇宙テーマパーク

トゥールーズの郊外には宇宙に関するテーマパークであるシテ・ド・レスパスがあり、トゥールーズの現在の中心産業である宇宙教育のための教育文化施設となっています。トゥールーズからはバスで行くことができます。またトゥールーズの旧市街の中にも宇宙関連の商品を揃えるハイテク雑貨のお店などがあり、新旧の文化が混じるミディピレネーの文化を感じ取ることができます。

◆ガロンヌ川の遊覧船

夏季にトゥールーズに行くと、ガロンヌ川上からバラ色の町、トゥールーズを眺める遊覧船ツアーを利用することができます。特に日没後にライトアップされた街並みが絶景で、豪華クルーズでの食事を楽しみながら夜景を堪能できます。

ガロンヌ河

◆トゥールーズから一足伸ばして、アルビへ

トゥールーズからTER(高速列車)に乗ると約1時間半で喧騒を離れた美しい小さな町、アルビに行くことができます。

特にタルン川にかかる歴史的な橋であるポン・ヴィユー(Pont Vieux)から見るバラ色のレンガに統一された景色はまるで印象派の絵画のような美しさがあります。

トゥールーズ

このほか有名な観光地としてはサント・セシル大聖堂やトゥールーズ・ロートレック美術館がありますが、アルビの一番の見所はこの旧市街の街並みの美しさと言えると思います。